オンラインカジノを始めるための資金や年齢制限

オンラインカジノは近年、気軽な娯楽となってきています。
しかし、事前にある程度の準備をしておかないと遊ぶことはできません。
そこで今回、よりスムーズなオンラインカジノの開始をするために準備しておきたいことや条件について資金や年齢制限を中心にお話ししていきます。
これを読めばきっとスムーズなオンラインカジノを始めることができるのではないでしょうか。

オンラインカジノは年齢制限があります

オンラインカジノを始めるためにはいくつか条件があります。
その中でも最もメジャーな条件が年齢制限です。
オンラインカジノは年齢制限があります

国によってその年齢制限は異なりますが、日本の場合は18歳となっています。
ただ、この制限は様々なオンラインカジノごとの運営方針によって異なります。

20歳以上のところもあれば23歳以上と言うところすらあるのです。
こういった年齢制限が厳しいところであっても、身分証明書を提出せずに遊ぶということはできないことはありません。

しかし、発覚した場合にアカウント凍結をされてしまうことがあるのです。
ほとんどの場合出金までに身分証明書を提出する必要があるので18歳未満で強引に遊ぼうとしてもいずれバレます。

ちなみに年齢制限は満18歳の誕生日を迎えた日から解除されるので、早ければ高校三年生でも遊ぶことは可能です。
国内のギャンブルは多くが20歳以上からですから、比較的年齢制限がゆるい娯楽と言えるのではないでしょうか。

補足になりますが、この年齢制限が緩いオンラインカジノの1つがベラジョンカジノです。
こちらは18歳以上から遊ぶことができます。

さらに日本人気No.1の実績があることから日本語サポートも期待できるオンラインカジノです。
とにかく年齢制限を気にせずプレイしたいという方にはベラジョンカジノを登録してみてはいかがでしょうか。

オンラインカジノを始めるためには資金が必要

オンラインカジノを始めるためには資金が必要です。
この資金は多ければ多いほどたくさん遊べますが、基本的にそこそこ遊ぶことができる金額は1万円程度と言えます。
オンラインカジノを始めるためには資金が必要

1万円程度をドル(USドル)で支払い、賭け金にして様々なゲームを遊ぶことが可能です。
ちなみによく言われることとして、稼ぎたい金額の10倍程度を用意しておくことが目安とされています。

そのため1万円程度では、遊べるものの1,000円程度の利益しか期待できません。
これでは海外送金すら困難なので、もしある程度稼ぎたいと考えるのであれば、10万円相当の資金を用意しておくのがおすすめです。
資金が少ないとその分稼ぐスピードも遅くなります。

そのため、本格的に稼ぎたいのであれば、たくさんの資金があることに越したことはありません。
余談ですが、他のギャンブルと比較するとパチンコは最低5万円、実店舗のカジノでは10万円程度では足りないという話もあります。
そういったことを考えると実店舗のカジノより少ない資金で稼ぐことができるのが魅力と言えるのではないでしょうか。

オンランカジノを始めるために準備しておきたいこと

オンラインカジノで年齢制限と軍資金の条件をクリアしたら、他にも準備しておきたいものがあります。
それはクレジットカード、身分証明書、銀行口座、一部IDセルフィ―や収入証明が必要です。

クレジットカードは賭け金の入金に必須と言えます。
基本的に現金をそのままオンラインカジノへ送金することは行われていません。
クレジットカードを持っていないと、他の支払い方法(エコペイズなどの電子送金サービス)も利用できないため、かならず用意しておきましょう。
オンランカジノを始めるために準備しておきたいこと

身分証明書はパスポートや運転免許証などです。
健康保険証も日本では身分証明書に使えますが、海外に拠点のあるオンラインカジノでは対象外となっていることがほとんどになります。

また、公共料金を自分で払っている場合は明細書を使うことも可能です。
ちなみにアカウント内容(住所や氏名など)とこれらの身分証明書が一致しない場合は出金時の問題が発生することもあるので、合わせておきましょう。

日本語サポートを行っているオンラインカジノであれば、こういったものは比較的寛容です。
しかし、日本語非対応の場合はパスポートしか使えない場合もあります

銀行口座は出金時に必要です。
可能であれば日本のメガバンク(みずほや三菱UFJ、三井住友銀行など)のオンラインバンキングをおすすめします。

これらの銀行は海外送金に強みを持っているからです。
また外貨口座を持っているので、ここに出金してレートの高いときに日本円にするというのも手です。

またセキュリティーを重視しているところは自分と身分証明書が写ったIDセルフィ―の提出を求められます。
さらに源泉徴収票などの収入証明を迫られることもあるので注意しましょう。

これ以外に身分証明書の画像を送る必要があるため、スキャナーを用意することも大切です。
連絡先を入力するために固定電話かスマホの電話番号も用意しておきましょう。

オンラインカジノを始める準備をしてスムーズな手続きを

ここまで準備に必要なものを紹介してきましたが、年齢と資金さえクリアしてしまえばほとんどすぐに用意できるものばかりです。
そのため、今回紹介した以上に実際に行ってみると手軽に準備することができます。

あらかじめこういったものを準備し、オンラインカジノの登録を行いましょう。
そうしておけば、より早くオンラインカジノを始めることが可能です。”